今月の16日に、赤坂グラフィティーで行われるライブイベントに出演するのですが、その日は久々にヴァイオリンを入れたいなと思い、
いつもお世話になってる岡村美央ちゃんと色々打ち合わせをしてきた。
カフェで色々話し合い、アレンジ案など決定した後に、ケーキ食べたりなんかしたらもう完全にスイッチが入ってしまって、気づいたら2人で買い物をしていた。
お互い忙しかったので、凄く癒された。
美央ちゃんは、素晴らしいヴァイオリニストですが、伊藤サチコにとって何でも話せる人。
お互いのモチベーションが凄く高まっているのを感じたので、16日のライブはとても楽しみです。
 詳細はこちら↓

〔Sweet Soul Radio TOKYO Vol.10〜10回目だよ!スペシャル〜〕
出演:石野田奈津代/阿久のぶひろ(ex.ラズマタズ)/谷口崇/伊藤サチコ
開場.開演:18:00/18:30
チケット料金:前売¥2,500/当日¥3,000(1ドリンク別)
チケット発売日:2006年3月16日(木)
発売場所:グラフティ/チケットぴあ0570-02-9999
問合せ:グラフティ 03-3586-1970
主催/企画制作/協力:グラフティ

チケット絶賛発売中なので、是非遊びに来て欲しいです。
共演の谷口崇さんともちょっとからむ予定。乞うご期待です。

今日は天気も最高で、桜並木を歩いたりしました。



今日は、また風が強い日でまー、毎日色々変化があるもんですな。
「桜が散っちゃうよー」と心配していたら、実家のお母さんから電話が来てね。「こっちは雪がちらついてるよ」と言っていた。
同じ一日でも、こうも景色が違うものかと。(私の実家は秋田県。まだまだ寒いみたい)
もっと言うと、違う景色や気温を感じている、離れた場所にいる2人が、同じ気持ちを共有している瞬間って、とっても素敵だなあと思ったりして。
電話って、本当に心を結ぶ素晴らしいアイテムだよなあーと思いました。

今日も、ライブサポートの日。
またまた特別な一日だったよー!
今日はコーラスのCHAKAさんがセンターに呼ばれちゃったりなんかして、凄くバンド全体がうねうねして凄いことになってたー!
私もテンション上げ上げで盛り上がりました。

帰りはギターで一緒に参加してる修司さんに家まで乗せて行って貰ったんだけど、
その車内で話をする時間がいつも最高に大好きな時間。
今日はこうだったねーとか、色んな話をする。
素敵な気持ちになりながら、高速走ってたら、となりに凄い人が拡声器もって叫んで運転してる人がいるなーと思ったらパーカッションのスティーブさんだった。
面白すぎ。

なんか、家族みたい。凄く。
そう思ったら、FUNK BROTHERSのCD聴きたくなったから、
今聴きながら書いてる。

『standing in the shadows of motown』
ちょっと前にやった『MOTOWN』の映画のサントラなんですが、愛がいっぱいで大好き。やっぱ音楽、素敵だよなー。

明日は休みだ!打ち合わせが何個かあるけど、空いた時間に絶対桜見に行くぞー!!



今日は、雨が降っていた。
ENDLICHERI☆ENDLICHERIライブでは、外の自然の音が会場にも少し聞こえる時があるのだ。雨音をバックに従えて演奏する曲は、いつもとまた違う味わいがあって、凄く素敵だと思った。そんな感じで、今日もぐっと来るライブ無事終了。
毎回毎回、ステージ上にも、客席も、ジンワリとした空気が流れる瞬間がある。自分自身を見つめ直す瞬間もある。LIVE=生きることに繋がる。
ケリーさん、本当に凄い。ポロリ

今日の写真は、ミュージシャンやスタッフが食事をとれるようになってる楽屋食堂での私です。ジャングル並みの観葉植物に囲まれて、自然パワー注入です。
ここではいつも、みんなと筋トレをしたり、ストレッチをしたり、(ムキムキになっちゃうよ!)ミーティングしたり、和気あいあいしつつ、いい空気で本番までの時間を過ごします。
今日は、早く行って、一緒に参加してるSAXプレイヤーの庵原さんにクラリネットの基礎を教えてもらった!とっても贅沢な瞬間です。ホント有り難う〜!嬉しかった。。。

4月に入ったって事で、私の中にも新しい風が凄い吹いてて気持ちいい。
毎日いろんなことが思いつくから、そんな時は頑張ろうっていう気持ちが勝手にわいてくるし、曲も作りたくなるし、もっと歌いたくなる。





ようこそいらっしゃいました!!
ここはシンガーソングライター伊藤サチコblogだよ。

2006年4月。今日は伊藤サチコが新しい一歩を踏みだす記念すべき一日であります。
やりたい事や届けたい音楽、自分の気持ちに正直でいるために、
今までと少し環境を変えて、音楽をやっていくことにしました。
まあ、正確に言うと、今現在サポートコーラスのお仕事で超ロング公演に参加しているので、その千秋楽、
2006年5月21日。(奇しくも私の誕生日!!)この日を伊藤サチコ第2章の始まりにしたいと考えています。これから、わくわくすることを沢山やっていきます。
今までよりも、もっと沢山歌を届けにいくことと思います。
より、リアルな感情を届けられるように、
みなさんの過ごす日常生活の支えとなれる音楽を生み出せるように、
私自身も殻を脱いで、自然体でありのまま生きていきたいと普通に感じています。

新しいホームページの予感サイトも作りました。自分の絵がもとにデザインされています!シンプルイズベスト。
5月21日に、ニューホームページがオープンしますので、
その日をわくわくで待ちながら、このblogで伊藤サチコの心の中に遊びにきて楽しんでくださいー。

とりあえず、ご挨拶でした!!
春は出会いと別れの季節!
前向きな風を選ぶのは自分自身だよ。
みなさんも何か思い切って新しくスタートしたいことがあったとしたら、お互いに頑張ろう。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

あざやかなとうめい
あざやかなとうめい (JUGEMレビュー »)
huenica
huenica 1st.album
「あざやかなとうめい」
自宅録音に加え、福島県いわき市のCLUB SONIC iwakiでも録音。
録音とミックスをいわき市のNomadic Recordsにて行い、旅から生まれたアルバムの意味合いを更に濃くした作品。
ゲストになかじまはじめ(drums)村重光敏(guitar from ミーワムーラ)が参加。
ジャケットのイラストはhuenicaがリスペクトする日本を代表する絵本作家、荒井良二が担当。

Recommend

時の芸術
時の芸術 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ
2012年8月8日リリースの最新アルバム 通常版
時間を使った芸術作品です。こだわりと音楽愛を十分に注いだ一枚。全11曲入り

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

さようなら、木
さようなら、木 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ, 鈴木“RIKACHAN”徹, 棚谷祐一
デビューアルバム。
誰もが忘れてしまいそうなふとした瞬間を切り取り、提示した11曲を収録。

Recommend

僕の場所
僕の場所 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ, 十川知司, 皆川真人, 上田ケンジ, シンナーズ
広島の原爆ドームを見て作った「僕の場所」や、永遠の愛をテーマに考えた「赤い魚」。いつか訪れる大切な人との別れを想う「春の道」など、メッセージを込めた8曲を収録。

Recommend

三日月の夜
三日月の夜 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ
3rdアルバム。手に取るような感情描写で、等身大の日常を綴る全8曲入りアルバム。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 秋から冬へと。
  • 6月〜7月の日記
    祐太
  • 春を満喫しております。
    吉田 祐太
  • 成人の日おめでとう!
    吉田 祐太
  • ホシカワカフェLIVE、ありがとうございました!
    吉田祐太
  • 昨日までのLIVEとあさってからのツアー。
    サチコ
  • まこっちゃんwedding
    サチコ
  • まこっちゃんwedding
    吉田祐太
  • 東北ツアーから帰りました其の2
    たろう
  • 昨日までのLIVEとあさってからのツアー。
    まこつ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM