あんなに楽しみにしてた新曲と新米の咀嚼2016 

第一発目の幡ヶ谷36°5でのワンマンライブが無事終わりました!

 

 

沢山来て下さって嬉しかったです!(涙)

満席!

 

そして、ワタクシの実家のあきたこまちも

5kg以上持って行ったのですが全部なくなりました!笑

 

去年と同様、815のぶさんと、料理人のTACTと一緒にフードどうしようかっていう相談を

だいぶ前からしていたんだけど、

(前回はみんなで築地に買い出しに行って、たらをメインで買いました。)

 

今回は815のぶさんが、huenica自宅にレコーディングの為定期的に来てたので、

一緒に過ごしながら何となく、青森の市場から取り寄せようという話になって、

のぶさんが注文してくれた「あんこう」と、「やりいか」と、

「あぶらめ」(秋田の人は「あぶらこ」って呼ぶね、全国的にアイナメの事。)

それが今良いのが入っているという事だったのでそちらを送って頂き、

 

私の実家秋田の男鹿からは

「ぎばさ」「筋子」「いぶりがっこ」「はたはた寿司」

(こうして書くと、なんて米にあうものばかりが名産なんだ〜〜)

 

そして榎本くんの地元、野菜の美味しい埼玉県北からは、

「深谷ねぎ」「しいたけ」「秩父こんにゃく」「ごぼう」「生みたて卵」

 

それを持ち寄って挑みました。もう完璧。。。

 

TACTがこしらえたメニューは、

 

☆秋田なまはげ盛り[ハタハタ寿司/ギバサ/筋子/いぶりがっこ盛り合わせ]

 

※久乃さ〜ん、写真もらうね!!

 

☆いぶりがっこのクリームチーズ和え

 

 

☆アンコウ唐揚げ

☆アンコウあら汁

☆アンコウ肝

 

 

☆あぶらめの海の見えるお刺身

☆あぶらめの星になれるのかソテー

 

☆やりいか味噌和え

 

☆深谷グリル[深谷ネギと椎茸のグリル]

☆秩父こんにゃくと新ゴボウのきんぴら

☆おばけ椎茸の肉づめ

☆大王椎茸焼き

☆THEオムレツ

 

以上13種。

半分以上売り切れになってましたし、

ありえないオーダー数だったみたいで、

また去年のフエニカワンマンに続き、お店のフード売り上げ記録を新たに更新したそうですっ!!(拍手)

 

お米が無料で食べ放題だったから、

ライブ中も「おかわり!!」の手が伸びているのを見て幸せになりました。

 

本当に、同じテーブルで食卓を囲んでいるような温かさ。

私の思う36°5のイメージはこれなんです!

 

のぶさん、ううみちゃん、ひろし店長、そして沢山料理を作ってくれたTACTはもう家族みたいな存在。

何か辛い事があっても、きっとここに来てみんなで笑い合えれば元気になれる、お家だと思ってる。

 

そしてライブでは新曲も披露しました!!

 

やっと出てきたメロディーに言葉をのせる作業が大変で、本番ギリギリまで制作してたんだけど

なんとか形にしてみんなの前で披露できて良かった!

 

窓枠、という曲で、またどんどん変わって行くかもしれないけど

あの場所でみんなに聴いてもらった意味がきっとある、大切な曲になると思うので、

また次回演奏するまで楽しみにしてて下さい!

 

いや〜

まだ楽しさの余韻に浸っています。

 

お客さんがカウンターでお米とお酒を食べながら

「ここは天国か??」とおっしゃって下さったのが凄くうれしかった(´‐` ○)

 

音楽と、

食事と、

会話と、笑顔と。

 

全部あたりまえのモノだけど私にとって一番、大切だ。

 

実家のお母さんも気にしてたみたいで、

「なんとだった〜お客さんいだが〜??」とすぐ翌日に電話掛かって来て、

みんなお米うまかったって行ってくれたよと報告しました。

 

今は稲刈りの方付けも完全に終わり、紅葉を見がてら温泉三昧、

そしてそのまま極寒の冬がやってきて、今年の冬は家で何をして遊ぼうかと悩んでいる様子でした。

一年の中の、ようやくのお休みなんですね。

 

昔の、農家の人達はそうやって冬になると手仕事をしたり、絵を描いたり、

工芸品を作ったりして過ごした人が沢山いたそうです。

きっと感受性も表現力も、誰よりも豊かで、

毎日空や森や虫や動物や風や草花などと会話しながら

イメージをいつも沸かせているんだろうな。

 

変わらず日々音楽の旅が続くフエニカは早く春になればいいな〜と思っています。

春と秋は、旅を長くお休みしてお手伝いにいけるからです。

 

来年はもっともっと沢山自然と触れ合って、お米作りのお手伝いも頑張りたいなぁ!

 

以上、ワンマンのお礼でした。

 

今月23日に第二弾がありますよ!

 

福島県郡山市で!!

 

ぜひ、お越し下さいヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚

 

2016年11月23日(祝・水)

郡山・PEAKACTION

 

huenica単独公演
「新曲と新米の咀嚼 2016」

 

 

出演:huenica
なかじまはじめ(ドラム)
他、豪華ゲストあり!

小料理:酒場マチルダ

open 18:00 / start 19:00
前売り 3,000円 / 当日 3,500円(drink別)

〈オリジナルフード、ふるまい米あり!(あきたこまち新米)〉

チケット予約→ticket@huenica.com

 

豪華ゲストが誰なのかも、、、そろそろお知らせしないといけないです。

たのしみにしてね!!!

 

 

http://huenica.com

11/3の木曜日(祝)に、いよいよhuenicaのワンマンライブがあります。

 

「新米と新曲の咀嚼2016」 新米はばっちり美味しいのが用意できていますが、

問題の「新曲」のほう、 これまた私はすっごく楽しみにしてるんです。

 

え!?マダ作ってないの?! と驚く人もいらっしゃるかもしれませんが、

去年のこのイベントでも、ライブの前日に36°5の のぶさんとタクトと築地に美味しい食材を買いに行って、

お昼にお店に戻り、タクトが大きなタラの下ごしらえをしてる側でせっせと1から新曲を作ったのです。

それがなんと田の人と旅の人。

 

よっこらせー、よっこらせー、と思いついたばかりのフレーズを繰り返し歌うのをタクトに聴かれるのが正直恥ずかしかったが、

他人が横にいるという、理性を保つ空気に守られ 曲作り喧嘩もせずに作り上げたのを覚えています。。

 

またタクトの横で作ろうかな。

 

でも、セカンドアルバム発売からの、たくさんの人との思い出や色んな景色が曲になると思うので

今月末までにきっとアイディアが溢れて形になっていくのを信じています!

美味しい料理と、食べ放題のフエニカ米、 そして出来立ての新曲を噛み締めにぜひお越し下さい!

 

満席になる可能性があるので、要予約でお願いします^o^

 

※第二段の11/23郡山PEAKCTIONは、プラスでスペシャルゲストミュージシャンが入る豪華ワンマン!

そちらも、藤野恵美ちゃんによる小料理屋マチルダ、そしてフエニカ米食べ放題付きです。

 

一年の感謝を込めたイベントです。どうぞお待ちしています!

 

詳細は huenica.com

 


 

 10月2日。

 

いわきから朝早くに移動して、埼玉の越生へ。

この日はまちにまったGO AROUND JAPANでした。

 

huenica、伊藤サチコ、両方で出演させていただいた2日目。

スタッフとして手伝いに来てくれたモルタルレコードの山さんと越生で合流。

 

1日目もそりゃあもう、会いたい人、聴きたい人、沢山いたので、、、

 

できれば両方楽しみたかったですが、それでもさすがのGO AROUND JAPAN。

この日だけでも会いたい人、聴きたい人が沢山。

 

埼玉からうんと離れた町から歌いに来ている人も沢山いて、

うんと遠い街で出逢った人が、普通に会場内ですれ違って「おー元気!」なんて話していること自体

まずこのイベントを創り上げている代々木原シゲル君はじめ沢山の人達のすごいところだな!!

 

もちろん大変なことも沢山あると思いますが、参加している人達がこの居心地のよい空間を一緒に創り上げていることが

とても意義がある事の用に感じます。運営の方の並々ならぬ努力があってこそなので、本当にこの場をかりて感謝したいです。

 

ありがとう。

 

そして今回は@なおポップくんが選出する「東北」というテーマでの枠で伊藤サチコを秋田人として声かけてくれたのが嬉しかったです!!

 

お客さんは,出身の都道府県のネームシールを胸につけていて、それが何ともぐっと来ましたよ。

どんな大きな規模になってもこんな学校行事みたいなリクリエーション感があれば最高だよね〜〜

何だか誰とでも話したくなっちゃうような空気で幸せでした。

 

GO AROUND JAPANは、ミュージックの部分で何かバシバシ外に出ているというよりか、

もろに『人間』が放出されている感じがして、ただ歩いているだけでも興奮してしまう、、

何だか特殊なフェスだなあって思いました。ていうかそれがミュージックの部分なのか。

 

とにかく物語が見えて、音楽からその人が今やろうとしている事や、今闘っている事や、

使命と思っている事や、とにかく自然身を預けている人や、幸せになりたいって願う人、幸せにしたいって祈る人、

色んな言霊が空中を飛んでいてとても刺激的でした。

 

すごく強い線が見えて、何か大きな答えに繋がっていそうな気がしたGO AROUND JAPAN。

また来年も呼んでもらえるように、音楽修行がんばります〜!

 

好きな人に沢山会えてたのしかった!

 

お昼のFunny Stageでのhuenica

 

夜のSunny Stageでの伊藤サチコ

10月に突入。

10月1日は朝から夜中までフル稼働の一日。

 

9月30日に私伊藤サチコのソロライブが東京の西荻窪アートリオンであって、

そこで岩本三千代さんというすてきなシンガーソングライターさんと出逢いました!

ライブもすごくたのしかった○

そして終電で埼玉へ帰り、そのまま旅支度をして少し寝て、朝には郡山へ出発。

郡山の駅ナカのデパートの中で『ふくしま食祭』というイベントがあって

そこでライブをさせてもらいました。

呼んで下さった佐藤さん、本当にありがとうございます。

 

福島のおいしい桃やぶどう、あだだらのミルクのアイスなどおいしいそうなものいっぱい眺めながら歌いました(´‐` ○)

郡山では、11月23日にフエニカワンマンライブ『新曲と新米の咀嚼2016』があります。

おいしいフエニカ米をみんなにふるまうど!

その時はなんと豪華なフルバンド編成。Specialゲストも・・

なんで今から予定をあけて是非ぜひ来て欲しいです!!

おしらせチラシはこちら!

 

 

東京版はこっちら!!

11月3日。この日はSpecialゲストが料理人のタクト!

要予約!!

 

 

話はもどって、その後ですがフエニカ号はいわき市へ移動しました。

ずっと楽しみにしていた、いわきソニックの周年ライブ。

 

共演は、尊敬する、渡辺俊美さん。

そしてミドリのマル。そしてたいへんにんげん。

 

写真展示に、The POP Bears。そして富岡グッツ販売にNomadic Recodrs平山さん。

 

会場も、見渡せばフエニカにとって大切な人ばかり。

フエニカがソニックに出逢ったのは(榎本くんはロストインタイム時代に先に出逢っているのですが)

結成してすぐの、まだライブすると決まって告知している段階ではフエニカの名前もない時で

ロストの海北くんと一緒に初めてのライブツアーをした中での出会いでしたが、

今考えたらその日、ソニックで出逢った人達が今回りにいる大切な人の大半であって、

初めの日から私たちは大切なものを一気にもらっていたんだなぁって思いました。

ソニックのPAの新妻さんと作った1stアルバムも人生の宝物。

 

私たちがソニックに出逢ってまだ5年たらずですが、こうして周年のお祝いの場に参加できて

しかも俊美さん、ミドリのマル、たいへんにんげんと富岡の夜ノ森の桜の写真に囲まれて歌う事が出来た事が何よりうれしかったです!!

 

ソニック15周年おめでとうございました!

三ケ田さん、いつもありがとう!

いつだっていわきソニックの皆の大ファンです!

 

 

 

 

6月のレコ発ワンマンから、あっという間に10月に。

Blog全然書いてなくってすみませんでした!

 

ツイッターやFacebookなど、毎日手軽に更新する物があまりに便利な物で、

つい滞ってしまいます。

本当はこうしてパソコンにゆっくり向かってひとつひとつに丁寧にむきあいたいのですが、

自分の芯の部分に「そういったものへの憧れはあるが継続ができない」という情けない問題があるのです。

小さい頃からそう。

 

でも、変わっていけるようにがんばろ。

 

という訳で7月20日にフエニカの新しいアルバムが発売になりまして、

CDお買い求め下さった皆さん本当にありがとうございます!!

お陰様で沢山の方に手に取ってもらえて、嬉しい限りです。

まだまだ発売からの旅ははじまったばかり。全国各地で出逢えていない人達や、

1stアルバムからの出会いで再会をしたい人達に直接どんどん届けたいです。

 

7月はキャンペーンや、ライブツアーの他にも個人でカバーアルバムのゲストボーカルのお仕事をいただき、

そしてその他にも埼玉の自宅スタジオ(フエニカスタジオ)で大好きなユニット815の宇海ちゃんのソロアルバムの

プロデュースをなんとわたしたちhuenicaが手がけさせてもらう事になり、

いつものライブの日々に加えて同時進行でいろんなことを進めていました。のでばたばたとあっという間のリリース月となりました。

 

8月は、宇海ちゃんのレコーディング、カバーアルバムのお仕事と、前半は引き続き録音作業が多かったです。

そしてお盆は男鹿の実家に帰省して、大好きな両親と一緒に毎日遊びほうけました。

 

感動だったのは、念願かなって見に行く事ができた『西馬音内(にしもない)盆踊り大会』

初めてこの目で目撃して、まだ目をつぶれば映像が浮かび上がり、胸がぞわぞわしてきます。

西馬音内の盆踊りに感銘を受けて、盆踊り熱が高まり、また秋田三大盆踊りのひとつである『一日市(ひのいち)の盆踊り』も見に行きました。最高だったなー

 

お盆は墓参りを昔ながらのスタイルで、仏壇の飾り付けや、お膳の盛りつけなど教えてもらいながら,

懐かしい夏の時間を過ごしたよ。

姪っ子や甥っ子がとってもかわいくて。

そして生まれ育った男鹿が良い所すぎて。

花火大会もスゴかったな〜〜!!

私はお母さんの若い頃の浴衣、

榎本はお父さんの若い頃の浴衣を着せてもらって、

タイムスリップした様な気持ちで夏の空を見上げておりました。

お盆が終わってからそのままフエニカ号でツアー再会。

 

9月は花男くんとロングツアー。8月の終わりから花男くんと9カ所回りました。

(フエニカは途中+3カ所ライブを入れたので12連続ライブ。)

花男くんとのツアーは大好きで、

本当に心があたたかくなる、というかこんな風に愛される花男君の素晴らしさを近くでずっと観察できるなんてスゴいことだな。と

ほんとに思ってしまいます。

とにかく学ぶべき点が沢山ある花男くんの音楽に対する姿勢、人に対する姿勢。

それをすーっと自然に心に溶かし込んで、また一歩先に進めたような気持ちになりました。

 

ツアーファイナルが9月11日で、

その足でなんといわきに移動。

フエニカが所属するノーマディックレコードの事務所で打ち合わせ。

新しいアルバム[田の人と旅の人]の売り上げの報告など、前作と比べて話し合いしてみましたが

やっぱり1stのリリースから2年間ひたすら旅を続けた御陰もあって、

とっても前に進めている実感が沸いてすごく嬉しくなりました!!

良いアルバムをまた作って、ゆっくり大切にじわじわと、皆さんに届けて行けたらいいなと

想いをぎゅっと固め、レーベルオーナーの平山さんに感謝して、そのまま秋田へ!!

 

そう、やって来ました稲刈りを。

 

ついこないだ田植えしたと思ったらもう稲刈り!

一年早い。

 

9月13日から17日までの5日間だけしか手伝えなかったけど、とっても幸せでした。

雨の日も多くて、田んぼに行かずに小屋で籾摺り機械を通した玄米を30キロの袋につめて、それを縛って、ひたすら運ぶっていう

むきむき筋トレみたいな仕事をずっとしてました。

 

晴れた日は田んぼに行って、コンバインがカーブする四隅を手で刈る仕事を手伝いました。

 

これを両親は一ヶ月ひたすらやるんだからスゴい。

来年はもっと長く手伝いに行けたら良いなぁ〜。。。

 

そして出来立ての新米も早速頂きました!

 

今年は種まきから手伝いさせてもらったので、まだほよほよの苗に水をかけて育てて、

そして指先で田んぼの泥にスッと植え込んだそれがこの口の中に美味しく飛び込んで来て、

嬉しさと愛しさに涙が出そうになりました。

 

そんな9月。

そうだ、農作業の合間に飛び込みライブもありました。

中学校の恩師が連絡下さって、吹奏楽部員の皆さんの前でライブをしてくれないかという依頼を頂き、歌って来ました!

フエニカで4曲そして吹奏楽部のみんなとセッションで「上を向いて歩こう」。

最後アンコール頂いて伊藤サチコの「心の扉」を歌いました。途中でパーカッションの子達が演奏に参加してくれて嬉しかった!

 

そうして秋田を離れてまたフエニカツアーの続き。

 

旅の合間に秋田に立ち寄れることが凄く有り難くて、

家族にはこんな生活は心配でしかないかもしれないけれど

今の自分たちにとってはこの上ない幸せで贅沢な暮らしで、

心配されないためにやるべき事はただ一つ、分かっているのでその実現にむけてひたすら頑張るのみであります。

 

色んな人と比べて、目の前が真っ暗になるときもありますが、

世界には色んな人がいて、自分はどれにも当てはまる事ができなくて、

毎日色んな瞬間に人生を自分で選んで生きているんだから、

選んだ事に対して自分を信じてあげないときっとだめなんだよね。

 

色んな人がいるから自分を信じて。

 

そして輝く事をわすれないで。

 

緑色の苗が黄金色の稲穂になった風景を目に焼き付けて、シンプルに突き進むと心のかたすみで決意するわたしでございます。

 

_____

 

7月から関わらせていただいたカバーアルバムは無事10月4日に全国発売されます!

そして815の宇海ちゃんソロアルバムも今佳境で、完成間近です。

11月20日東京・幡ヶ谷36°5での発売記念ワンマンライブがあります!

(フエニカがなんとサポートで参加します〜)

 

フエニカがお手伝いしたお米は、

なんと11月3日の幡ヶ谷36°5、 11月23日の郡山ピークアクションでワンマンライブ会場で振る舞う事になっています!!

 

もろもろのお知らせはまたBlogで書きます〜〜!!

 

つづく。

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

Archive

Recommend

あざやかなとうめい
あざやかなとうめい (JUGEMレビュー »)
huenica
huenica 1st.album
「あざやかなとうめい」
自宅録音に加え、福島県いわき市のCLUB SONIC iwakiでも録音。
録音とミックスをいわき市のNomadic Recordsにて行い、旅から生まれたアルバムの意味合いを更に濃くした作品。
ゲストになかじまはじめ(drums)村重光敏(guitar from ミーワムーラ)が参加。
ジャケットのイラストはhuenicaがリスペクトする日本を代表する絵本作家、荒井良二が担当。

Recommend

時の芸術
時の芸術 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ
2012年8月8日リリースの最新アルバム 通常版
時間を使った芸術作品です。こだわりと音楽愛を十分に注いだ一枚。全11曲入り

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

さようなら、木
さようなら、木 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ, 鈴木“RIKACHAN”徹, 棚谷祐一
デビューアルバム。
誰もが忘れてしまいそうなふとした瞬間を切り取り、提示した11曲を収録。

Recommend

僕の場所
僕の場所 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ, 十川知司, 皆川真人, 上田ケンジ, シンナーズ
広島の原爆ドームを見て作った「僕の場所」や、永遠の愛をテーマに考えた「赤い魚」。いつか訪れる大切な人との別れを想う「春の道」など、メッセージを込めた8曲を収録。

Recommend

三日月の夜
三日月の夜 (JUGEMレビュー »)
伊藤サチコ
3rdアルバム。手に取るような感情描写で、等身大の日常を綴る全8曲入りアルバム。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 秋から冬へと。
  • 6月〜7月の日記
    祐太
  • 春を満喫しております。
    吉田 祐太
  • 成人の日おめでとう!
    吉田 祐太
  • ホシカワカフェLIVE、ありがとうございました!
    吉田祐太
  • 昨日までのLIVEとあさってからのツアー。
    サチコ
  • まこっちゃんwedding
    サチコ
  • まこっちゃんwedding
    吉田祐太
  • 東北ツアーから帰りました其の2
    たろう
  • 昨日までのLIVEとあさってからのツアー。
    まこつ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM